dodaさんが調査した転職理由ランキング(2018年)によると、転職理由のトップ10は以下だそうです。


もしみなさんの転職理由も上記にあてはまるものがある場合、インサイドセールス職に転職することでどういったことが期待できるのかをお伝えいたしますので是非ご参考にしてみてください。

1位:他にやりたい仕事がある
インサイドセールスは他のチームとコミュニケーションを取る機会も多く、主体的に情報を取りに行くようにすることで他の職種について学ぶことができ、将来自分がどんな仕事につきたいか具体的なイメージをつけることができるようになります。

2位:会社の将来が不満
9位:市場価値を上げたい
インサイドセールスチームがある場合、業務効率を考えている成長事業や成長企業である可能性が高いです。
また近年インサイドセールスを取り入れる企業が増加しており今後もこの傾向は続くと考えられるため、インサイドセールス職として経験をつんでおくことで市場価値を高めることが期待できます。

3位:給与に不満がある
インサイドセールスを取り入れることで業務効率が上がり、その分企業や事業の利益増加につながることが期待できます。
利益が出ているということは、その分給与に還元できる金額も大きくなるということですので、転職することで給与増加が実現できるかもしれません。

4位:残業が多い/休日が少ない。
インサイドセールスの場合、顧客とのアポ管理を徹底するなど工夫をすることで自身で業務効率を高めながら働きやすい環境です。
ですので、比較的めりはりをつけて働きやすいといえます。

5位:専門知識・技術を習得したい
6位:幅広い経験・知識を積みたい
インサイドセールスは移動時間がない分商談の時間を多くとることができます。
多くの商談を重ねることで顧客の業界/業種やニーズに詳しくなることが可能です。
また、周りのトークを聞きながら自分のトークを改善していくこともできるためセールス力を高める環境として魅力的だといえます。
チーム間やチーム内で連携する機会も多いため周りをまきこみながら成果を出す経験も積むことができます。

7位:U・Iターンしたい
インサイドセールスを取り入れている企業によっては在宅での業務を認めている企業もございます。
インサイドセールスとしての経験・スキルを高めることで将来的にはU・Iターンをしリモートで仕事をするという選択肢も生まれるかもしれません。

8位:土日祝日に休みたい
インサイドセールスの求人の多くは土日休みの求人です。

10位:会社の評価方法に不満がある
インサイドセールスは成果を数値で比較しやすく、また考課者が近くで商談を聞くこともできるため納得のいきやすい評価をしやすい職種です。
評価制度は企業によって異なるため、気になるようであれば直接面接等で確認しておくとよいでしょう。

いかがでしたでしょうか。
少しでもインサイドセールス職への転職に興味がありましたら、会員登録をお願いします。
具体的な求人情報について説明させていただきます。
今会員登録すると無料で「内定獲得のために必要なこと」を記載した内定獲得マニュアルをプレゼントしています。

1分で会員登録